【OEM商品のデータを公開!】商品が届いてから1か月の活動記録

どうも脱サラせどらーゴウです。

OEM販売を開始して1か月が経ちました。
当初の予定通りに進んでいる状況です^^

 

注文などの正確な時系列をお伝えすると・・
6月19日に注文して
7月14日に商品が到着です。

 

やはり注文してから届くまで約1か月ですね。

 

そして、今回の注文内容ですが
関税や送料を含めての合計で
商品数250、価格18万でした。

 

今回は注文いて届いてから1か月経ち、
どのような数字が出たのかを書きます。

 

Amazonカタログを作成

 

商品が手元に到着したら
まずはAmazonのカタログを作成です。
今回はカタログ作成を全て外注しました。

 

写真撮影から、キーワード選定など全てを
代行でやってくれる会社を見つけました。

 

Amazonのカタログ作成は正直手間です。
なので外注出来れば相当ラクだと思い
今回は外注してみたんです。

しかし・・・・
結果としてほとんど作り直しました。。。

 

画像、タイトル、キーワード・・・
全部イマイチな感じです(笑)
とりあえずやりました感がすごかった(笑)

 

特にキーワードの選定の基準が謎です。
と疑問を持ちながら全てやり直しました。

 

今後は、画像だけ外注して
(もちろん別の会社)
後は全て自分でやります。

「絶対に売る!!」という情熱がないと
お客さんに響くページは作れないですね。
Amazonカタログ作成のやり方については
また別の機会に書かせていただきます。

 

損益分岐点はほぼクリア

 

こんな感じでスタートは出遅れましたが
余裕で巻き返したという感じです^^

 

この1か月で販売した結果です。
販売個数83個
入金金額152879円(手数料引き後)

 

仕入れ金額が18万なので
あと少しで損益分岐点です。

110個くらいで損益分岐点でしょう。
なので110個販売した後の
残り140個の入金が利益になります。

 

メルカリ・ヤフオクも販路にする

今回はAmazonだけでなく
ヤフオク・メルカリでも販売しています。

 

ヤフオク・メルカリに取り組んだのが
2週間ほど前からなので
もっと早くから取り組むべきでしたね。

 

約2週間で20個程の販売です。
自分で発送作業はありますが
見返りは非常に大きい作業だと思います。

 

Amazonのカタログを育てるまでは
1か月以上は必ずかかります。
その間に他の販路でも販売する事により
キャッシュフローは良くなりますね^^

 

ただし、あくまでもお小遣い稼ぎ程度の感覚でいいです。
長期的には絶対にAmazonが強いですから。

 

優先順位1番はAmazonでの販売です。

販売金額よりも販売個数を重視

 

最初はとにかく数を売る事が重要です。

 

AmazonSEOでは売り上げ金額よりも
売れた個数が多い方が検索が強くなります。

 

なので、最初は安めに出して販売して
SEOを意識しましょう。

僕は最初の1月は個数を重視。
そして、自分の狙うキーワードの
1ページ目が取れたら
販売価格を上げようと考えています。

商品レビューをお願いする

 

そして商品が売れたら必ずやってほしい事があります。
購入してくれたお客さんに
お礼のメールを送ってください。

 

Amazonのレビューのリンクも送り
お礼と一緒にレビューもお願いしましょう。

 

この時に気を付けて欲しいのは
「レビューをつけたら割引します」
「レビューをくれたらプレゼントがあります」

 

このような報酬と引き換えに
レビューを付けてもらう事
Amazon規約違反になります!

今後のお客様の参考として・・・
のようなニュアンスでお願いしましょう。

 

商品レビューを付けてくれる人は
実際かなり少ないですが
1件の商品レビューの効果は本当にすごいです。一気に検索が上がります。

 

 

なので、めげずにお客さんに連絡するようにしましょう!

PV数の変化

 

Amazonビジネスレポートで
商品ごとのデータが見れます。

Amazonの画面の上部のビジネスレポートをクリック。

 

 

ASIN別
詳細ページ売り上げ・トラフィック
をクリックしてください。

 

 

これで商品ごとのデータが見れます。

 

 

このように商品のSKUと照らし合わせて
自分が販売している商品を分析しましょう。
※写真の数字は全然関係ないです

 

僕が中国輸入OEM販売で確認するのは
ページビューとユニットセッション率です。

 

ページビュー(PV)は商品ページが見られた数
ユニットセッション率は
PVから購入に至った確立です。

 

僕の仕入れた商品は
最初の2週間はPVが133でした。
その次の2週間のPVは418
結構上がっています。

商品レビューがついた事と
最初の2週間で数が売れてSEOが上がった
と考える事が出来ます。

 

ユニットセッション率に関しては
最初の2週間、その後の2週間とも
6.5%で変化なしです。

 

商品ページの写真、商品紹介コンテンツには
何も手を加えてないので当然変化なし。
ユニットセッション率は
カタログが魅力的になれば上がると考えられます。

 

今後は画像を撮りなおし、
商品紹介コンテンツの作りこみをして
ユニットセッション率を上げていきます。
10%は超えたいですね!

 

補足ですが、ユニットセッション率が高いと
AmazonSEOは上がります!

 

なので、購入率が低いキーワードの除外
していくべきなんですね。

Amazonカタログ作成は奥が深い・・。
だからこそ、ここを攻略する事が出来れば
稼ぎ続ける事は間違いないです。

 

amazonカタログ作成に関して
書きたい事が多すぎるので・・・・
近々分かりやすくまとめます!

 

今回紹介した商品のデータに関しては
また書かせていただきます^^

 

本日は以上となります。
読んでいただきありがとうございました!

 

PS・・・・
この記事を書いてからさらに1か月のデータはこちらの記事で確認できます^^

【amazon輸入転売で稼ぐならビジネスレポートを活用しよう!

 

 

友だち追加

↑↑↑
友達登録で質問、意見も受け付けています。

脱サラ起業入門
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法



僕が会社員を辞めて起業し、
5年間せどりに取組んできた中で得た具体的な実践方法91ページに渡って解説しています。

僕は会社員から個人事業主、そして起業をしてきた今までの経験上から、 会社員をしながら毎月10万円稼げるなら、脱サラをしても十分に生活することが出来ると確信しています。

是非、自由な生活を手に入れるための第一歩として、 当マニュアルをご活用ください。 詳しくは下記のリンクをクリックしてダウンロードページをご覧ください。
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中古せどらーゴウ

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 2017年4月に香港の展示会で海外製品の品質の高さ、コストの安さに衝撃を受ける。 2017年5月から輸入ビジネスに本格的に参入。初めて仕入れた商品を月に200個販売する事に成功。 2017年12月 4つのオリジナル商品のみで月商180万利益65万円を達成。