中国輸入OEM販売のキャッシュフローを解説!

いつもありがとうございます、片平です。

中国輸入は一度売れるカタログを作ってしまえば
リピート注文するだけなので、非常に効率がいいです。

 

 

しかしデメリットとしてあるのが・・・
僕のやってるOEM販売の場合は・・
キャッシュが増えるまでのスパンが長い
という事があるんですね。

 

ビジネスの性質上、仕入れをしたお金を回収するまでに
2〜3か月はかかってまうわけなんです。

 

今回の記事では、僕が1つの商品を仕入れてから
どのようにお金の動きがあったのか
実際のデータを元に詳しく解説していきます。

 

 

商品リサーチ

 

 

まず最初に商品のリサーチをします。
・市場の大きさ
・ライバル商品のチェック
・売れ行きの予想
・検索1ページ目を取れるキーワードの洗い出し

 

このような感じでリサーチしてますが
詳しいリサーチのやり方は今回は省きます。

 

仕入れる商品が決まったら
いよいよ発注になりますね。

商品販売の前にまず支払い

 

実際に注文した金額ですが
商品数が300で総額は1820USDなので
日本円で約20万円です。

 

11月15日にペイパルで支払い。
そこから中国側で材料の発注をして
材料が届き次第、商品の生産してくれます。
生産してから、商品が届いたのは12月20日頃でした。
生産から届くまでで約1月程ですね。

 

そして届いてからすぐに商品の撮影と
商品カタログの作成に入ります。
写真撮影の会社に商品を送ったりするので
大体1週間ほど時間がかかりました。

 

この間にクレジットカードで支払った
商品代金の支払いが来ます。

15日に支払い、月末締めの27日引き落としです。
この時点でお金の流れとしては
一時的にマイナスとなります。

1か月の売り上げデータ公開

 

そこからカタログを作って、すぐに納品して
出品してから1か月の売り上げがこのようになっています。

 

PV 販売数 購入率 売上

3,201

175

7.20%

¥474,560

 

Amazonの入金サイクルが
2週間に1回なので・・・
実質1月の売り上げが全て入ってくるのは
2月の15日頃という計算になりますね。

 

11月15日に注文して・・・
12月27日に20万引き落としがあり
2月の15日時点で35万程の入金がありました!

 

ここでキャッシュが増えていますよね^^

 

大まかに書くとこのようになるので
収益が出るまでに3か月はかかると考えておいた方がいいです。

 

そして、もうこの入金がある頃には
次の注文をしないと在庫切れになる可能性が高いので
入って来た35万円分の注文しました。

 

このようなお金の流れなのが
僕のやっている中国輸入OEM販売です。

 

Amazonの仕組み上
1回目の支払いから入金までに

必ず3ヶ月程度はかかります。

即金性の高い国内転売もやるべき

 

収益が出るまでに時間がかかるので
僕は「せどり」のような即金性の高いビジネスも

同時に行う事をオススメしています^^

 

リサーチの時はやる事は多いですが
いざ注文してから商品が届くまでの
約1か月というのは待つ事しか出来ません。

 

なので、この間に利益が出るまでのスピードが早い
「せどり」を推奨しています。

 

例えば10万円の注文をしたとして
届くまでにせどりで10万円利益を出せば
かなり良い精神状態でオリジナル商品販売に望む事が出来ます^_^

 

どっしりと構えて販売するべき

 

初めてAmazonでカタログ作成するとなると
いくらリサーチしたとしても
「本当に売れるだろうか・・」
という心配が尽きる事はありません。

 

心配のあまり、本当に売りたい価格よりも安くしてしまったり
フリマアプリなど他の販路を求めたりして、
要はどっしり構える事が出来なくなるんです。

 

ヤフオクやメルカリで出品すれば
それなりに売れるとは思いますが
所詮お小遣い稼ぎのレベルにしかなりません。

 

1つの商品で20万以上の利益を狙うなら
Amazonに絞って行動する事が正解なんですね。

 

僕も最初はメルカリなどで併売してましたが
販路をAmazonに絞り徹底的に研究した事により
1商品で利益20万のカベを超える事が出来ました。

 

何かをする時は邪魔な事は捨てて
一点集中する事が大事です!

 

 まとめ

リサーチして注文した商品が届くまで
1ヶ月程度。(中国の場合)


・検索順位が上がるまでの時間
・Amazonの入金サイクル

上記の2点から考えて
利益が出てキャッシュが増えるまでに
3か月はかかると考えるのが無難。

 

注文から到着までの1ヶ月の間は
特にやる事がないので「せどり」がオススメ!

 

それでは本日は以上です。
読んでいただきありがとうございました!

 

PS
LINE@友達登録で質問や意見も受け付けています^^

友だち追加


輸入・輸出ビジネスランキング

脱サラ起業入門
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法



僕が会社員を辞めて起業し、
5年間せどりに取組んできた中で得た具体的な実践方法91ページに渡って解説しています。

僕は会社員から個人事業主、そして起業をしてきた今までの経験上から、 会社員をしながら毎月10万円稼げるなら、脱サラをしても十分に生活することが出来ると確信しています。

是非、自由な生活を手に入れるための第一歩として、 当マニュアルをご活用ください。 詳しくは下記のリンクをクリックしてダウンロードページをご覧ください。
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中古せどらーゴウ

片平剛   [経歴] 高校卒業後に勤めたバイト先のオーナーとの 金銭トラブルで借金200万円を抱える。 その後、営業会社に務め返済を試みるも、 長時間労働や日々の残業に嫌気がさし、 インターネットで別の道を調べていたところ、 せどりの世界と出会う。 2012年12月にせどりをスタートし、 2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、 2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。 2017年4月に香港の展示会で海外製品の品質の高さ、コストの安さに衝撃を受ける。 2017年5月から輸入ビジネスに本格的に参入。初めて仕入れた商品を月に200個販売する事に成功。 2017年12月 4つのオリジナル商品のみで月商180万利益65万円を達成。