輸入ビジネスの目的地は【総輸入メーカービジネス】

どうも脱サラせどらーゴウです。

 

脱サラして、廃品回収から始まり、
せどりで生計を立てながら
現在は中国輸入OEM販売をしてます。

 

今、取り組んでいるOEM商品は2商品です。
現在の中国の取引先の商品をOEMして
月に100個は販売出来るノウハウは出来たと実感しています^^

 

今後はOEMの商品数を増やして
利益も積み上げていきます。

 

そして、その先の目標としてあるのが
総輸入メーカービジネスです。

 

このビジネスは海外メーカと
独占販売する権利の契約をして
メーカーとして活動するビジネスです。

 

このビジネスの1番のメリットは
自分しか販売出来ない商品を扱える事です。

 

自分しか扱う事が出来ない商品なので
相乗りや、価格競争が存在しません。

販売価格を決めるのは自分です。

 

今日は大きなリターンが見込める
総輸入メーカービジネスについて書きます。

 

 

総輸入メーカービジネスとは?

 

 

まだ日本に入って来ていない商品を
メーカーとなり販売するビジネスです。

 

言葉だけだと分かりづらいですね(笑)
身近な商品で例を出すと・・・

・drone(ドローン)
・crocs(クロックス)

 

このような商品が総輸入メーカービジネスで
大ヒットした商品となります。

 

ドローンやクロックスも海外の商品です。

 

海外メーカーに対して日本の企業が
独占販売権を取って販売したんですね。

 

「商品の流通、販売、保証など全て管理するから、日本で販売出来るのはのはウチの会社だけにしてください」
アフターサービス・保障も含めて、
日本市場の全ての責任を持つという事です。

海外メーカーにとってメリットが大きい

 

独占販売権の契約というのは
海外のメーカーにも大きなメリットがあります。

 

自分達が作った商品が言葉も文化も違う
別の国のマーケットで売れるようになる。

 

しかも、商品さえ卸してくれれば
流通から販売、サポートまで
全部やってくれるわけですからね。

 

自分が商品の作り手だったとして、
例えばドイツ人に
「ドイツでの流通や販売、サポートも全てやるから、あなたの商品を独占で売らせてくれないか?」

 

こう言われたらどうですか??
メリットしかないですよね^^
自分でドイツのマーケットの開拓から販売、
サポートまで出来ますか?
出来たとしても大変な作業ですよね。

 

言葉も違うし、文化もルールも違う。
そこを全て任せる事が出来るんです。
お互いがwinwinな関係を構築出来ます。

 

参入障壁が多いビジネス

 

まず、取引先としてちゃんとしているか?
ここが重要になってきます。

 

「取引したい」と言ってきた相手が
・注文数が個人の趣味レベル
・ヨレヨレの服を着ている
・ビジネスの実績がない

 

これはものすごく極端な例ですが
信頼関係が大切だという事です。

 

基本的には法人として活動してる方が
向こうからしたら安心だと思いますね。

 

それと、商品によりますが輸入に関して
色々な法律も絡んできます。

 

・電波法
・技適(Bluetooth製品)
・商標権・意匠

 

商品にもよりますが色々な法律があります。
逆に言えばこの辺りをクリアすれば
大きな参入障壁にもなりますね。

それなりに資金が必要である

 

独占販売権となると、それなりの注文数を要求されます。

このビジネスに取り組んでいる先輩の話だと
イギリスのメーカには「最低5000」と言われたそうです。

 

かなり強気な交渉だったようです(笑)

 

仮に1個500円だとしても250万!
他のメーカーだとしても
大体1000とかは必要だと思いますね。

 

かなりまとまった仕入れ資金が必要です。

 

しかし、まとまった仕入れ資金がなくても
クラウドファンディングをうまく活用して
仕入れ資金を作ってる人も多いです。

「本田圭佑がMakuakeに出資する」
というニュースが最近ありましたね!

 

ここ数年でクラウドファンディングも
かなり一般的になってます。

 

クラウドファンディングを利用すれば
資金を先に集めてから商品の発注が可能です。

 

商品のプロモーションが必要

 

日本で認知されてない商品を輸入するので
商品を広めていかなくてはいけません。

 

良い商品を仕入れるだけでは
売れる可能性はゼロです。

 

ちなみに独占販売権を取った商品を
いきなりamazonで出品しても
売れる可能性は低いです。

 

amazonはすでに認知されている製品を
販売するのには強いんです。

 

「手帳 レザー」「手帳 本革」のように
具体的なキーワードからamazonに来ます。

 

なので商品の認知度がないと
amazonで検索がされないんです。
自分の商品の露出がないんですね。

 

独占販売権を取った商品の認知度を上げる
戦略をしなければいけません。

 

何かしらの宣伝・広告が必要なんです。

 

・展示会への出店
・ユーチューバー
・インスタグラマー
・Facebook広告
・ブロガーに紹介してもらう

 

この辺の広告とSNSの拡散を使って
プロモーションしていくイメージです。

 

プロモーションが上手いと有利ですね。
ここはこれから勉強していきます。

 

最近クラウドファンディングで
1000万円集めた商品があったんですが
圧倒的にプロモーションが上手かったです。

ここは本気で勉強しないといけないですね。

 

物販経験者が有利

 

僕の輸入ビジネスの先輩は、
毎月海外の展示会に行って
新しい商品を見つけてきています。

 

色々な事を勉強させていただいてますが
このビジネスは物販経験者が有利です。

 

商品相場の感覚だったり、
かなりの数の商品を見てきてるという
大きなアドバンテージがあるからです。

 

 

なので、物販の経験がない人は
いきなりメーカービジネスをするよりも
せどりとか輸入で経験を積むといいですね^^

 

総輸入メーカービジネスも取り組み次第
進捗の報告をさせていただきます。

 

今日もありがとうございました!

脱サラ起業入門
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法



僕が会社員を辞めて起業し、
5年間せどりに取組んできた中で得た具体的な実践方法91ページに渡って解説しています。

僕は会社員から個人事業主、そして起業をしてきた今までの経験上から、 会社員をしながら毎月10万円稼げるなら、脱サラをしても十分に生活することが出来ると確信しています。

是非、自由な生活を手に入れるための第一歩として、 当マニュアルをご活用ください。 詳しくは下記のリンクをクリックしてダウンロードページをご覧ください。
せどりで毎月安定して10万円稼ぐための全手法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中古せどらーゴウ

脱サラせどらーゴウ 2012年12月にせどりをスタートし、2013年6月に某せどりツアーに参加し月商100万円(利益40万円)、2014年12月には月商200万円(利益80万円)達成し、借金を完済。2016年には店舗仕入れ以外に古物市場の確立に成功。セールやトレンドに左右されずに安定的に稼ぐ中古せどりの専門家。平均20%の利益率と言われるせどりで安定的に40%以上の利益率を出し続けている。現在は『時間、場所、人間関係に縛られないライフスタイルの確立』をコンセプトに、自分が好きな時に好きな場所で稼ぐせどりスタイルを追求し続けている他、せどり(転売)セミナーやコンサル業を通じて会社や就職に縛られない生き方を発信中